Pre-Operation

手術前ケア

理想的なバスト整形のための ガイド 5!
01
手術当日、従来のサイズよりもっと大きなサイズのブラジャーをご用意ください。(バスト縮小術の場合、従来のものより小さなブラジャーをご用意ください。
02
避妊薬はバストに出血を起こす可能性があるため、手術の1ヶ月前には中止していただくことでバストの体積が正確に把握でき、手術後生じられる静脈血栓症が予防できます。
03
手術前、無理にダイエットしないほうがいいです。無理なダイエットとバスト運動はインプラント挿入に十分な空間を与えられず、サイズに影響を与えるし、触り心低下の原因にもなり得るのです。
04
手術当日から、2~4週の期間の間、補正ブラジャーを着用し、手術前補正ブラジャーの着用方法を身に覚えておいたほうがいいです。
基本用意事項
  • 手術前、メイクは落としてください。手術前は常に清潔を維持しましょう
  • イアリング、指輪などのアクセサリーは控えてください。貴金属はしないほうがいいです。
  • 手術後、帰宅の際、不便を感じないよう自分の状況に合わせて帽子とマスクをご用意ください。
  • バスト手術の場合、手術部位の毛による感染のおそれがあるため、必ず脇部位の除毛をしてからお越しください。
  • 手術後、ご自分で運転するのは危険であるため、公共交通を利用したほうがいいです。
  • 上着はジャンパーやシャツのような大きいサイズのオープンスタイルの服を着用したほうがいいです。なるべくTシャツは控えてください。
  • ゆるいパンツやロングスカートのほうがいいし、パンツストキングは必ず控えてください。
  • 手術後、下着を着替えられる下着パウチを用意していただくと幸いです。
手術前、必ずチェックしてください!
01
全身麻酔の場合、8時間前に禁食していただきます。睡眠麻酔の手術であれば、4時間前に軽い食事や飲料は大丈夫です。(水、ガム、飴など口に入るものすべて禁止)
02
次のような成分が入っている薬を飲む方は手術の2週間前から控えたほうがいいです。  (アスピリン、アスピリンが含まれている風薬、避妊薬などのホルモン制裁、ステロイド成分が含められた漢薬材、紅蔘、ビタミンE制裁)
03
お酒とタバコはコンディションを低下させ、炎症を起こすおそれがあるため、手術三日前には控えたほうがいいです。
04
生理期間中は控えてください。整理中の場合、手術中や手術後に出血や晴れなどがひどくなることも想定にいれて控えたほうがいいと思われます。
05
高熱やひどい痰咳を重ねた風邪は、手術を延期しなければなりません。前もってお知らせください。
06
本人が治療を受けた履歴があったり、現在治療中である疾患は必ず事前に教えていただき適切な措置を受けるのがいいです。
07
手術前日、手術による緊張のせいで眠れなくなる方々が多いです。十分な睡眠は腫れにも利きます。
08
予定された手術時間より30分程度余裕をもって病院に到着していただけると幸いです。
09
入院患者の場合、簡単な生活用品(基礎化粧品、靴下、ヘアアクセサリー、携帯充電器など)を用意したほうがいいです。
局所麻酔患者

目、鼻など極小麻酔で手術を受ける方々は低血糖に注意しなければなりません。血糖値が150くらいを維持したほうがいいため、普段よりインシュリンや血糖降下剤の容量を半分に減らしたり1/3に減らし、食事あお粥、スープなど消化しやすい飲食で、朝手術時には夜開け6時頃にしかっり召し上がってください。午後の手術であるなら、手術の3時間前くらいに上記述べたような食事をします。
パンや牛乳500CC程度であっても助かります。お家で測定する血糖測定器を用意して病院にお越しいただき、到着直後血糖値を病院で測ります。担当の医療陣に食事可否、インシュリンや血糖降下剤の投与可否、直前血糖値をお知らせください。
もし、食事ができずに病院にくる場合は、インシュリンや血糖降下剤を服用しないてください。低血糖ショックがくるおそれがあります。手術が終わった後、病院を出る前に血糖を測って80以下になる場合は砂糖水、牛乳などを飲み血糖値を上げてからお帰りください。帰宅後、食事することができ、その次の日からは正常的な血糖管理に備えてください。

全身麻酔患者

8時間断食していだだき、インシュリンや血糖降下剤は朝にやめます。病院にお越しいただいた後、血糖をチェックし、断食可否、手術前の血糖値を担当の職員に知らせます。心臓病、高血圧患者、癲癇患者、甲状腺患者、喘息患者-断食は一般患者と同一に局所麻酔4時間ん、全身麻酔8時間断食を守らなければなりません。
しかし、普段服用していた高血圧薬、心臓病薬、他の薬は手術当日にも朝早く少量の水と一緒に服用してから来院していただき、服用していた薬を持参してからの来院を願います。
生理調節のための薬、避妊薬、ホルモン剤、アスピリンなどは手術1~2前から服用を中断しなければなりません。


注意事故
患者個人の 事例によって
整形結果が 異なることを 考え合わせ
ホームページの 前後写真を ご参考下さい。